漫画「ルリドラゴン」の休載と再開についてその理由を調査してみたよ

当ページのリンクには広告が含まれています。
角が生えた少女キャラクター
羽穂

ルリドラゴンの2巻を読もうと思ったら、休載しててビックリしたことはありませんか?

私はちなみに読みたくて読みたくて絶叫しました。

ただここまで読みたくなってしまった漫画について、「休載か、なら別に出た時に買えばいいか」とはならないのが正直なところ。

しっかり一人のファンとして、ファンなら気になるであろうこの休載について調査しました。

なので――「ルリドラゴン」の休載と再開について

この気になる情報を確認して更に「ルリドラゴン」を安心して楽しみましょう。

  • 漫画「ルリドラゴン」とは?
  • 休載と理由について
  • 連載再開はいつになる?
  • 作者「眞藤雅興」とはどんな人?
羽穂

この記事では、この4つの「少し知りたい」を解決していきます。

自己紹介

当ブログ「かいきぶ」には、まだまだ気になる漫画・ラノベ情報の記事があります。

興味深い情報ばかりなので、下の記事リンクから探してみてくださいね。

目次

漫画「ルリドラゴン」とは?

▲上の画像はAmazonのリンクです▲

週刊少年ジャンプで連載しているファンタジー日常系漫画です。

「少年ジャンプGIGA」2021WINTERにて読み切りが掲載され、2022年6月13日発売の「週刊少年ジャンプ」2022年28号にて連載が開始されました。

内容

ドラゴンと人間の間に生まれた女子高生「ルリ」を主人公に、次第にドラゴンとしての形質が表出し変化していく少女の戸惑いと、周囲の人物たちとの交流を描いた物語。

この作品の作者である「眞藤雅興」先生に取って、初の連載作品になるようです。

そしてなんとその作品が「このマンガがすごい!」2024オトコ編で、堂々の9位に受賞してました

羽穂

素晴らし過ぎます。パチパチパチ、拍手拍手。

何より凄いのが、まだ1巻しか発売していないのに、9位に入ってしまっているところでしょう。

私も読ませて頂きましたが、一言――面白い。

日常と非日常の間、その中で柔らかくやり取りするキャラクターたちを見ていると、日頃のストレスが溶けていくように和みます。

サポーター

なんか、私もツノ生えてきたかも!

羽穂

……お前もドラゴンと人間のハーフ!?

YouTubeも見てみよう

ありがたいことに、YouTubeには公式「ジャンプチャンネル」ありまして、そこで「ルリドラゴン」の動画も投稿されています。

色々と投稿されてますがオススメは【ボイスコミック】

なんと、漫画の内容を元に声優さんが台詞を入れてくれています。

羽穂

よく違法な漫画のコマをのせた動画がありますが、これは安心の公式チャンネルなの安心して楽しめます。

まずは1話の動画を下に貼り付けているので、見てみてください。

主人公の声はあの小見川千明さんがしていますので、もうピッタリです。

羽穂

NOストレスで読めるので、疲れた時やストレスが溜まった時の癒やしに最適。是非、興味がある人は読んでみてくださいね。

「ルリドラゴン」の休載と理由について

着物を着た少女

みなさんは「ルリドラゴン」の休載についてご存じでしたか?

重要なことなので知っていて損はないでしょう。

結論【 作者の体調不良により休載 】

私は遅れてこの作品に出会った人なので、遅れてこの事実を知りました。

羽穂

まずは公式X(元Twitter)からの発表を見てみてください。

この投稿を元に私が調査した結果ですが。

  • 2022年6月に「週刊少年ジャンプ」28号から【ルリドラゴン】が連載
  • 2022年7月に「週刊少年ジャンプ」33号からいったん休載
  • 2022年8月に「週刊少年ジャンプ」35号から正式休載

このような流れで休載になったようです。

作者である「眞藤雅興」先生の詳しい状況は発表されてはいません

ただおそらく休載から1年以上も空いていることから、何かしらの病気にかかってしまった可能性は高いと考えられるでしょう。

羽穂

一人のファンとして一日も早く回復なさいますよう、心よりお祈りいたします。

「ルリドラゴン」の連載再開は2024年3月4日

着物を着た少女

みなさん、待ちに待った情報が入ってきました。

なんと、2024年2月21日に、公式X(元Twitter)の方で連載再開の発表がありました。

羽穂

まずは公式X(元Twitter)からの発表を見てみてください。

羽穂

1人のファンとして心から嬉しい情報でした。

「デジタル版ジャンプ」および「少年ジャンプ+」に移籍

3月4日発売の週刊少年ジャンプ14号から7話~11話(合計5話分)を毎週掲載し、12話から「少年ジャンプ+」と「デジタル版週刊少年ジャンプ」での隔号連載へ移行されます。

つまり少し週刊少年ジャンプで連載を再開(おそらく切のいいところまで)、そしてしっかりと移籍先で連載を続けるという意味でしょう。

  • 週刊少年ジャンプ(実本&電子)
  • デジタル版ジャンプおよび少年ジャンプ+(電子のみ)

実際に本(紙)のジャンプを手に取って「ルリドラゴン」が読めるのは、連載再開の合計5話分のみ。

羽穂

そう考えると少しだけ寂しさを感じますね。昔は私も紙派だったので……。

しかし、この移籍は凄くいいことです。

週間連載は企業に例えるなら超ブラック企業

休みは恐ろしく少なく、労働時間は膨大。安定も皆無の中で、最高の結果が求め続けられる選ばれた人しか働き続けられない神の職業です。

そんな状況で休みと労働時間の安定を確保できる隔号連載という選択は、漫画家さんに取って素晴らしい選択だと言えます。

隔号連載は素晴らしいシステム

隔号連載とは、2週間に一度投稿するようなイメージです。

具体的に言うなら、曜日を決めてその月の第2週・第4週だけ投稿するとかですね。

羽穂

例として下に表(カレンダー)を作ったので見てみてください。

1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031

〇をつけているところが隔号連載。

×をつけているところが週刊連載されると想定した日です。

曜日は適当に決めたので、あまり考えないでくださいね。

隔号連載にすることで、週刊なら毎月4本・5本投稿していたのが半分になり時間のコントロールがしやすくなります。

羽穂

当然、ファンとしては作者が安定する環境で、満足する形まで描き切ってほしいので、この連載方法は最適解だと私は思っています。

ルリドラゴンの作者「眞藤雅興」とはどんな人?

サムライキャラクター

実際に読んでハマった人は、この漫画の生みの親である作者についても気になるところでしょう。

作者「眞藤雅興」先生は20代の日本の漫画家さんです。

経歴を調査すると。

  • 2016年に第109回JUMPトレジャー新人漫画賞にて「Twin Peach」が佳作を受賞
  • 2017年に「除冷師 煉太郎の約束」が第12回金未来杯を受賞
  • 2022年に週刊少年ジャンプで「ルリドラゴン」が連載
羽穂

10代の頃から漫画家として活動されていたみたいですね。

その他の個人的な情報は少なく、プライベートな趣味などの情報もありませんでした

しかし、ファンとしては作者にも興味があるもの。

是非、今後はSNSなどで発信して頂けるとファンとして嬉しいので、みんなで祈りましょう。

公式のX(元Twitter)も見てみよう

作者「眞藤雅興」先生の近況はX(元Twitter)の方で知ることができます。

投稿頻度は低めでジャンプ公式のアカウントですが、貴重な情報ですのでファンは見逃さないようにしましょう。

羽穂

それにしてもやっぱり先生直筆のコメントは嬉しいですね。

サポーター

何か聞いてないの? 火の出し方とか。

羽穂

……ルリ?

まとめ

サムライキャラクター

この記事では少し気になる「ルリドラゴン」の休載と再開について解説しました。

詳しくはこの4つについて
  • 漫画「ルリドラゴン」とは?
  • 休載と理由について
  • 連載再開はいつになる?
  • 作者「眞藤雅興」とはどんな人?

結論は作者「眞藤雅興」先生の体調不良により休載にいたり、連載再開は2024年3月4日だとわかりました。

休載の情報以外にも、この作品について知られる内容もあったと思いますので、そこの点も楽しんでもらえると嬉しいです。

羽穂

ではこの記事はこの辺りで。最後まで読んでくれてありがとうございました。

下にこの記事の感想をコメントしてもらえると、モチベーションに繋がるので気軽に書いてやってください。

コメント

コメント一覧 (4件)

  • 丁寧な上優しい言葉で調査結果がまとめてあり読みやすかったです。
    ありがとうございました。

    • ライオネさん、コメントありがとうございます。
      記事を書いている者として「読みやすかった」という感想は何より嬉しい言葉。
      この記事が役に立ったようで良かったです。

コメントする

目次