何万部から凄いのかな?歴代の漫画売上げ発行部数ランキングを調査してみたよ【最新2024版】

当ページのリンクには広告が含まれています。
漫画を読む男性と女性キャラクター

「1番売れてる漫画ってなんだろう?」

「何万部から凄いのかな?」

「歴代の発行部数ランキングを知りたい」

漫画好きなら一度はどんな漫画が歴代で売れてきたのか、疑問を持ったことがある人も多いのではないでしょうか?

サポーター

1番は直ぐに思い浮かぶけど、それより下はわからないかも。

羽穂

そうだな。だから今回は発行部数TOP12を発表するから、この機会に覚えておこう。

そこで本記事では、以下の「少し知りたい」漫画情報を詳しく解説していきます。

  • そもそも漫画って何万部から凄いのか
  • 歴代の漫画売上げ発行部数ランキングTOP12
  • 流行った作品の発行部数

この気になる情報を確認して、更にみんなで漫画を楽しみましょう。

自己紹介

当ブログ「かいきぶ」には、まだまだ気になる漫画・ラノベ情報の記事があります。

興味深い情報ばかりなので、下の記事リンクから探してみてくださいね。

目次

そもそも漫画って何万部から凄いのか

着物を着た少女

それぞれの感覚によるところが大きいので難しい内容です。

ただ結論を出すとするなら――。

1巻あたり30万部以上

サポーター

かなり具体的な数字だね。

羽穂

この「1巻あたり」というというのは【累計発行部数➗巻数】で出した、1巻あたりの部数のことだぞ。

1巻あたり10万部だと漫画ファンには認知されいても、一般的な認知度では力不足

一般的に認知させるには映像化(アニメ化や実写化)が必要。その時には1巻あたり30万部以上に到達していることが多いです。

ちなみに漫画が累計100万部突破できる確率は、漫画全体で0.1%も満たないと言われているそうです。

羽穂

何て厳しい数字、まさに結果こそ全てな実力の世界だな。

当然、イレギュラーはありますが、一般的な視点から言うと【1巻あたり30万部以上】が凄いの目安になるでしょう。

歴代の漫画売上げ発行部数ランキングTOP12

サムライキャラクター

こちらでは公開された情報を元に歴代の漫画発行部数ランキングTOP12を紹介します。

完結していない作品もありますが、2024年の最新情報を元にランキングしました。

サポーター

もう誰もが聞いたことあるタイトルばかりだね。

羽穂

きっと読んだことある作品も入っているはずだから、その点も注目してみると面白いぞ。

\ 最新の発行部数ランキングTOP12 /

順位発行部数作品名掲載誌
1位5億1000万部ワンピース週刊少年ジャンプ
2位3億部ドラえもん月刊コロコロコミック
2位3億部ゴルゴ13ビッグコミック
4位2億7000万部名探偵コナン週刊少年サンデー
5位2億6000万部ドラゴンボール週刊少年ジャンプ
6位2億5000万部ナルト週刊少年ジャンプ
7位1億7600万部ブラック・ジャック週刊少年チャンピオン
8位1億5650万部こちら葛飾区亀有公園前派出所週刊少年ジャンプ
9位1億5000万部鬼滅の刃週刊少年ジャンプ
10位1億3500万部美味しんぼビッグコミックスピリッツ
11位1億3000万部ブリーチ週刊少年ジャンプ
12位1億2029万部スラムダンク週刊少年ジャンプ

どうでしょう? 気付いたことはありませんか?

そうです。ランキングの半分以上は「週刊少年ジャンプ」の作品という興味深い結果でした。

漫画のレーベルのグラフ

やはりジャンプ漫画は性別も年齢も関係なく大人気。それがそのまま結果に出た印象ですね。

例えばラノベの発行部数TOP10だと、昔の作品やレーベルの偏りもなくバランスよくランクインする傾向にありました。

あとは巻数なども大きく影響している所でしょう。

  • 最高巻数:ゴルゴ13(全210巻)
  • 最低巻数:鬼滅の刃(全23巻)

大まかに言えばこの2つの差は約10倍近くあります。

凄い差ですよね?

つまり作品の面白さや人気が、必ずしも発行部数の多さに直結するという訳ではないことが分かります。

羽穂

次はTOP12の漫画の説明と僕が勝手に独断と偏見でレビューした内容も面白半分で見てほしい。

漫画発行部数【1位】5億1000万部『ワンピース』

▲上の画像はAmazonのリンクです▲
内容

海賊王を目指す少年モンキー・D・ルフィを主人公に、ひとつなぎの大秘宝(ワンピース)を巡る海洋冒険物語。

個性的なキャラクター。
笑って泣けて熱くなれるストーリー魅力。

良くも悪くも少年向き、大人は物足りない可能性あり。

おすすめ度

ワンピース
総合評価
( 5 )
メリット
  • ストーリー  ★★★★☆
  • キャラクター ★★★★★
  • 画力     ★★★☆☆
  • 個性     ★★★★☆
  • 読みやすさ  ★★★★★

漫画発行部数【2位】3億部『ゴルゴ13』

▲上の画像はAmazonのリンクです▲
内容

本名や年齢、国籍、経験など一切不明。

超一流のスナイパーであるデューク東郷、通称「ゴルゴ13」の活躍を描いた物語。

主人公のキャラクターの濃さ。
どの巻から読んでも楽しめる。

大味なストーリー、繊細なストーリーを楽しみたい人には不向き。

おすすめ度

ゴルゴ13
総合評価
( 2 )
メリット
  • キャラクター ★★★☆☆
  • 画力     ★★★☆☆
  • 個性     ★★★★★
  • 読みやすさ  ★★★☆☆
デメリット
  • ストーリー  ★★☆☆☆

漫画発行部数【2位】3億部『ドラえもん』

▲上の画像はAmazonのリンクです▲
内容

ダメダメな小学生のび太が、未来から来たドラえもんと名乗るロボットと共同生活する物語。

日本国民なら誰もが知っている安定感。
どの巻から読んでも楽しめる。

子供寄りな物語。

おすすめ度

ドラえもん
総合評価
( 3 )
メリット
  • キャラクター ★★★☆☆
  • 個性     ★★★★☆
  • 読みやすさ  ★★★★★
デメリット
  • ストーリー  ★★☆☆☆
  • 画力     ★☆☆☆☆

漫画発行部数【4位】2億7000万部『名探偵コナン』

▲上の画像はAmazonのリンクです▲
内容

高校生探偵の工藤新一が黒の組織によって少年の姿にさせられ、江戸川コナンと名乗りながら組織の行方を追い、数々の事件を解決していくという物語。

明るい話から暗い話、ストーリーの振り幅。
ストーリーに組み込まれたトリック。

本筋の物語が中々進まない。

おすすめ度

名探偵コナン
総合評価
( 3 )
メリット
  • ストーリー  ★★★☆☆
  • キャラクター ★★★★☆
  • 画力     ★★★☆☆
  • 個性     ★★★★☆
  • 読みやすさ  ★★★☆☆

漫画発行部数【5位】2億6000万部『ドラゴンボール』

▲上の画像はAmazonのリンクです▲
内容

主人公の孫悟空が仲間と協力しながら強敵と戦い、成長していく。

世界中に散らばった7つのドラゴンボールをすべて集めると、どんな願いも1つだけ叶えられるという秘宝をめぐる物語。

個性的なキャラクター。
男心を鷲掴みにする熱いバトル。

ストーリーを求める人には刺さらない。

おすすめ度

ドラゴンボール
総合評価
( 4 )
メリット
  • ストーリー  ★★★☆☆
  • キャラクター ★★★★★
  • 個性     ★★★☆☆
  • 読みやすさ  ★★★★★
デメリット
  • 画力     ★★☆☆☆

漫画発行部数【6位】2億5000万部『ナルト』

▲上の画像はAmazonのリンクです▲
内容

忍同士が超常的な能力を駆使して戦うバトル。

主人公の忍者うずまきナルトが、ライバルとの死闘や過去の因縁を乗り越えて、木ノ葉隠れの里の⻑・火影を目指す物語。

各キャラクターの成長を感じられるストーリー。
男心を鷲掴みににする熱い忍術バトル。

最後の方は忍術バトルの面白さが薄れていく。

おすすめ度

ナルト
総合評価
( 5 )
メリット
  • ストーリー  ★★★★☆
  • キャラクター ★★★★★
  • 画力     ★★★★☆
  • 個性     ★★★★☆
  • 読みやすさ  ★★★★★

漫画発行部数【7位】1億7600万部『ブラック・ジャック』

▲上の画像はAmazonのリンクです▲
内容

天才的な外科医ブラック・ジャックが、重症の患者を救っていく物語。

内容は非常に重く、深い。
どの巻から読んでも楽しめる。

現実的な手術技術などは少ないので、リアルを求める人は刺さらない。

おすすめ度

ブラック・ジャック
総合評価
( 2 )
メリット
  • ストーリー  ★★★☆☆
  • キャラクター ★★★☆☆
  • 個性     ★★★★☆
  • 読みやすさ  ★★★☆☆
デメリット
  • 画力     ★☆☆☆☆

漫画発行部数【8位】1億5650万部『こちら葛飾区亀有公園前派出所』

▲上の画像はAmazonのリンクです▲
内容

東京都葛飾区の亀有公園前派出所に勤務する両津勘吉が、その同僚や周辺の人物と繰り広げる日常の物語。

気軽に読めて笑えるギャグ。
主人公のキャラクターの濃さ。

絵柄が特徴的なタイプなので人は選ぶ。

おすすめ度

こちら葛飾区亀有公園前派出所
総合評価
( 3 )
メリット
  • キャラクター ★★★★☆
  • 個性     ★★★☆☆
  • 読みやすさ  ★★★★★
デメリット
  • ストーリー  ★★☆☆☆
  • 画力     ★★☆☆☆

漫画発行部数【9位】1億5000万部『鬼滅の刃』

▲上の画像はAmazonのリンクです▲
内容

大正時代の日本を舞台に、人喰い鬼に家族を殺された少年・竈門炭治郎が、鬼になった妹の禰豆子を人間に戻すために鬼たちと戦う物語。

巻数も少な目で読みやすい。
笑って泣けて熱くなれるストーリー。

王道な物語、変わった作品がいい人には不向き。

おすすめ度

鬼滅の刃
総合評価
( 4 )
メリット
  • ストーリー  ★★★★☆
  • キャラクター ★★★★☆
  • 画力     ★★★☆☆
  • 個性     ★★★☆☆
  • 読みやすさ  ★★★★☆

漫画発行部数【10位】1億3500万部『美味しんぼ』

▲上の画像はAmazonのリンクです▲
内容

主人公の山岡士郎と同僚の栗田ゆう子が、地球上のさまざまなグルメを集めた「究極のメニュー」の完成に取り組む物語。

食に関する知識がいっぱい。
料理だけじゃなく人間模様も学べる。

料理漫画なので万人受けはしない。

おすすめ度

美味しんぼ
総合評価
( 2 )
メリット
  • ストーリー  ★★★☆☆
  • 個性     ★★★★☆
  • 読みやすさ  ★★★☆☆
デメリット
  • キャラクター ★★☆☆☆
  • 画力     ★☆☆☆☆

漫画発行部数【11位】1億3000万部『ブリーチ』

▲上の画像はAmazonのリンクです▲
内容

主人公・黒崎一護が死神として成長していく物語。霊感が強い高校生・黒崎一護が、悪霊退治に来た死神・朽木ルキアと出会ったことが始まり。一護は死神の力を手にし《死神代行》となり、現世で死した魂魄が集う場所・尸魂界(ソウル・ソサエティ)の動乱に巻き込まれていく。

個性的なキャラクター。
熱いバトル。

巻数も多く、後半は少しタレる。

おすすめ度

ブリーチ
総合評価
( 5 )
メリット
  • ストーリー  ★★★★☆
  • キャラクター ★★★★★
  • 画力     ★★★★★
  • 個性     ★★★☆☆
  • 読みやすさ  ★★★★☆

漫画発行部数【12位】1億2029万部『スラムダンク』

▲上の画像はAmazonのリンクです▲
内容

バスケ初心者の主人公・桜木花道が湘北高校バスケ部に入部し、チームメイトとの衝突や強豪校との試合を通して才能を開花させていく青春物語。

熱い青春ストーリー。
魅力的な男キャラクター。
リアリティのある試合。

非現実的な派手な技はなし、ぶっ飛んだスポーツ漫画が読みたい人は不向き。

おすすめ度

スラムダンク
総合評価
( 4 )
メリット
  • ストーリー  ★★★★☆
  • キャラクター ★★★★☆
  • 画力     ★★★★☆
  • 個性     ★★★★☆
  • 読みやすさ  ★★★★☆

最近流行った漫画の発行部数はどうなの?

着物を着た少女

今後、発行部数TOP10に入る可能性がある作品、その絶対条件と言えば何でしょう?

アニメで大ヒットすること

もうこれ一択ですよね。

更に言えば大ヒットした上で2期3期とアニメを継続、そして漫画の方では長く連載して巻数を多く出すこと。

羽穂

険しき道。ただ記録はいつか塗り替えられるもの。いつか「ワンピース」を越える人気漫画を見てみたい。

では具体的に最近のアニメ。話題に上がったアニメと言えばこの辺りでしょう。

発行部数作品名掲載誌
8000万部呪術廻戦週刊少年ジャンプ
1億1000万部進撃の巨人別冊少年マガジン
1400万部【推しの子】週刊ヤングジャンプ
3100万部SPY×FAMILY少年ジャンプ+
1100万部葬送のフリーレン週刊少年サンデー

誰もが見たことあるアニメばかりです。

ただ発行部数を見ると、まだまだ遠い道のりですが「進撃の巨人」だけは惜しい結果。

逆に言えばあれだけ世界的に話題になった作品でも届かないなんて、いかにTOP10の漫画が異常なのか分かる結果でもありますね。

厳密には昔と違い電子書籍もありますし、発行部数にも違いが出てきます。

羽穂

でも最近の作品でもある「鬼滅の刃」が9位に入っているということは不可能ではないということだな。

まとめ

サムライキャラクター

この記事では少し気になる漫画の発行部数についてまとめました。

詳しくはこの3つについて
  • そもそも漫画って何万部から凄いのか
  • 歴代の漫画売上げ発行部数ランキングTOP12
  • 流行った作品の発行部数

漫画に詳しい人でも1位や2位の作品がわかっても、12位までわかる人は少数でしょう

当然、今後の漫画次第で順位も変わってくると思います。

その時はしっかりこの記事を更新し続ける予定ですので、また漫画の発行部数が気になった時に来てくれると嬉しいです。

下にこの記事の感想をコメントしてもらえると、モチベーションに繋がるので気軽に書いてやってください。

羽穂

ではこの記事はこの辺りで。最後まで読んでくれてありがとうございました。

コメント

コメント一覧 (10件)

  • 鳥山明、藤子F不二雄の画力が1とか2て…。
    主観が強すぎてだめだこのレビューは…

    • コメントありがとうございます。
      確かに一理あるコメント。
      ただ例えば人の容姿でも時代それぞれで評価は変わってきます。昭和の「可愛い」は決して令和の若い子の理想とする「可愛い」とは限りません。
      私は鳥山明先生のファンですが、最近の漫画を多く読むにつれて、絵についての大きな時代の変化を私は感じました。
      今回、その気持ちを正直にレビューさせて頂きました。

  • あくまで個人的な意見での評価だと思いますが、一般的な視点からはだいぶずれているように感じました。
    ドラゴンボール、スラムダンクがナルト、ブリーチより下はないかと。

    自分も世代的には後者ですが、前者の方が優れていると思います。

    • コメントありがとうございます。
      あくまで個人的な意見なのはその通りで、色々な意見があっていいと私は思います。
      ドラゴンボール、スラムダンク、ナルト、ブリーチという4作品が、昔のクオリティーで今現在でジャンプに同時に連載されたとしたら、私の場合はナルトとブリーチが下だと思わなかったんです。

  • 知りたい事が知れたから助かった!
    ランキングも仕方ないけど昔の漫画ばかりだから絵が読めないんだよな。ドラゴンボールもキツイ。アニメなら見たけど。

    • コメントありがとうございます。
      確かにドラゴンボール、特に漫画の絵は今の漫画と比べると受け入れがたい部分があるかもしれません。
      それでも凄く魅力はある漫画なので、是非読んでみてくださいね。

  • 美味しんぼのデメリットにキャラクターがあるのですが、これはどういう基準なのでしょうか??

    • コメントありがとうございます。
      メインはランキングであり、まず私レビューはオマケと考えてください。
      その上で基準を言えば、大まかに濃いか薄いかですね。
      大勢の人のレビューではなく完全に私の独断のレビューになりますので、私が魅力に感じたキャラクターが登場キャラクターに対して少ないか多いかで決めています。

    • コメントありがとうございます。
      全巻読破している作品が多いですが、巻数が多くて読み切れていない作品も正直あります。
      ただ読んでいると言えるレベルにはランキング内の作品は読みました。

コメントする

目次